2019/11/04 (更新日: 2019/11/26)

Amazonアソシエイト審査に『ブログ開設2週間10記事』で合格した方法

今回の記事では、私がAmazonアソシエイト審査に『ブログ開設2週間10記事』で合格した方法について説明します。

私はAmazonアソシエイト審査に3回落ちましたが、ある2つの対策をした結果、4回目の『ブログ開設2週間10記事』で合格することができました。

実は、3回目審査時も合計10記事ということで、結果的に記事数が問題ではなかった事が分かりました。

私が合格するために試した『2つの対策』について説明したいと思います。

3回目の審査時(不合格)のサイト状況

  • サイト運営:13日目
  • 記事数:10記事
  • 1記事あたりの平均文字数:約1500文字
  • 他アフィリエイトの利用:なし
  • プロフィール:あり
  • プライバシーポリシー:あり
  • お問い合わせフォーム:あり
  • 1日あたりのPV数:50~100PV
  • 使用したメールアドレス:Gmail

ご覧の通りです。正直落とされた理由がよく分かりませんでした。

この3回目の不合格時から試した『2つの対策』について説明します。

グレーな記事を非公開にする

Amazonアソシエイトの規約には以下のようなものがあります。

乙は、いかなる商品、アマゾン・サイト、または甲のポリシー、販売促進もしくは価格についても、不正確な、誇張した、欺瞞的な、またはその他の誤解を招くような主張をしてはなりません。

その後『グレーな記事なのでは…?』と思い、一度非公開にした記事がWebエンジニアが自社開発企業で働いたほうがいい理由です。※現在は公開しています。

これが原因の1つだったのかも知れません。皆さんもグレーだと思われる記事を一度非公開にしてみて下さい。

もしもアフィリエイトで申請する

審査に落ちた原因を調べていたところ『もしもアフィリエイト経由だとAmazonアフィリエイトの審査基準が緩くなる』という口コミを多数見かけました。

『審査が通りやすい分デメリットがあるのでは…?』と思ったのですが、『Amazonからの申請』と『もしも経由での申請』の利益率は全く同じです。しかも、もしも経由で申請した場合、以下のようなメリットがあります。

  • 振込手数料が無料
  • 1000円から振り込み可能(amazon本家は5000円から)
  • 成果が発生した場合随時メールでお知らせしてくれる

口コミを信じて『もしも経由』で申し込みしてみると、一発で合格することができました。

まだ審査に合格せず悩んでいる方に向けて、会員登録から提携審査申し込みまでの流れについて説明したいと思います。

まずもしもアフィリエイトから『会員登録する』をクリックします。

『メールアドレス入力⇨メール確認⇨アカウント情報入力』の流れで会員登録を終わらせて下さい。

会員登録終了後の画面がこちらです。

次に、自身が運営しているサイトの登録をします。ナビゲーションのサイトの管理から『サイトを追加する』をクリックします。

その後、自身が運営しているサイトの情報を入力します。楽天プロモーションのチェックをどちらでも構いません。

下の項目は全て『当てはまらない』にチェックします。

その後『この内容で登録する』をクリックします。以上でサイトの追加の完了です。

次に、検索フォームの隣にある『サイトの選択』から先ほど追加したサイトを選択します。

検索フォームに【  「Amazon.co.jp」商品購入   】をコピー&ペーストし、検索をクリックします。

最後に『提携申請する』をクリックします。

あとはメールが届くのを待つだけです。お疲れ様でした!!

まとめ

今回は、Amazonアソシエイト審査に『ブログ開設2週間10記事』で合格する方法ということで、2つの方法を紹介しました。

もし審査に合格せずに悩んでいる方がいましたら、今回紹介した方法をお試し下さい。

 

おすすめプログラミング未経験からWebエンジニアになる方法

おすすめWordPressテーマを自作するメリット・デメリットとは?【実体験を元に解説】

ブログで稼ぎたい方はこちら
誰でもわかるWordPressブログの始め方